パソコンによる目の疲れ対策!長年痛みと戦った私が改善した方法!

パソコン作業が辛い…辛すぎる…

 

 

突然ですが、仕事でパソコンを使わなければならない人は多いのではないでしょうか?

 

私も都内でWEB制作の仕事をしており、パソコンを使った仕事をしています。

 

日々残業に追われたり、プライベートでもパソコンを使っているので、1日大体10時間以上はパソコンの前にいますね。

 

自他共に認める不健康人間です…。

 

 

 

そんな私は、この仕事をする上で、あまり人に理解されない苦しみを抱えています…。

 

それは目が疲れやすいということ。

 

 

 

つまり、眼精疲労です。

 

 

 

 

 

世の中の人って目の疲れを甘く見ていると思いませんか?

 

 

友人や親などに相談すると

 

「ただ、目がショボショボするだけでしょ?」
「画面を凝視しすぎなんじゃないの?」
「すぐ治るでしょ!」

 

と軽くあしらわれることが多いんですよね。

 

 

 

 

 

このサイトに来られている方はご存じだと思いますが、
眼精疲労は単に目の疲れだけが問題になるわけではないのです。

 

 

 

人によって症状は異なりますが、

 

  • 目の奥(眼球の裏側辺り?)が痛くなる
  • 頭痛がする
  • 肩凝りがする
  • めまいがする
  • 吐き気がする

 

このように身体全体に様々な症状が現れてくるんですよね。

 

 

当然こうなると仕事どころではありません。

 

 

 

 

 

(目が痛いよ〜…、あ、頭も痛くなってきた!

 

あれあれ、何か気持ち悪い…)

 

 

 

 

 

このように体調の不調にばかり気が取られ、仕事の効率は一気に落ちてしまいます。

 

 

 

 

 

また、一旦症状が出始めるとすぐには収まりません。

 

私も目薬を差したり、ホットタオルで目を温めたり、目の周りのマッサージをするなど、
ネットで調べた様々な方法で対処してきました。

 

 

 

しかし、これらの方法は効果が不安定で、正直どれも「これだけやっておけばOK!」と
言える方法ではありませんでした。

 

しかもあくまで応急処置であり、根本的に目を疲れにくくするものではありません。

 

 

 

 

どうしたらパソコン作業で目が疲れにくくなるんだろうか…?

 

私は4〜5年間この厄介な問題に悩まされてきましたが、
最近になってようやくこの悩みから解き放たれることに成功したのです!

 

 

 

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、
当サイトでは私と同じように「パソコン作業で目が疲れやすい」とお悩みの方に向けて、

 

 

根本的に目を疲れにくくする方法をお教えしたいと思います!

 

 

このサイトを参考に、あなたが仕事で余計な悩みを抱えなくても済むようになれば幸いです。

パソコンで目が疲れるのはなぜ?

 

 

眼精疲労の根本的な解決法を探るために、まずはそもそも「なぜ目が疲れるのか?」
を知る必要があります。

 

私が調べたところ、単に「眼精疲労」と言っても様々な原因があることがわかりました。

 

 

 

目の病気によって眼精疲労が出てくる場合

 

 

 

目の病気があると眼精疲労が出やすいと言われています。

 

その病気とは緑内障、白内障、斜視や斜位、眼瞼下垂などです。

 

急な視力の低下や視野が狭くなったと感じる場合はこれらが原因の可能性もあります。

 

 

 

緑内障や白内障原因なら、失明などの危険もあります。

 

今回紹介する方法は効き目がありませんので、直ちに病院に行ってください。

 

身体の病気が原因の場合

 

 

 

目とは関係ない病気にかかった場合でも、眼精疲労になりやすくなります。

 

その一例として、かぜやインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯などが挙げられますね。

 

 

普段は平気なのに、身体の調子悪いし目が疲れる…と感じている人は、
身体の病気が原因かもしれません。

 

 

 

この場合は病気が治れば目の疲れやすさも治ると思いますので、
慢性的な眼精疲労でない方はまずは様子見してみるのが良いと思います。

 

精神的なストレスが原因の場合

 

 

 

仕事や家庭のストレスを抱えている人は多いと思いますが、
これらも眼精疲労に大きく関わってくるようです。

 

ストレスが全くない人はいないので、これが原因かどうかは非常に判断しづらいですが、
不安が強かったり、気分が沈みがちな人は、まず心を整えることを考えた方がいいかもしれないですね。

 

 

 

ストレス解消には休みの日などに身体を動かすのが効果的です。

 

嫌なことは忘れて、好きなスポーツをやったり、
ジムに通ったりして思いっきりリフレッシュしてみてください。

 

目の使いすぎ、目を使う環境が悪い場合

 

 

 

ここまで3つ原因を挙げてきましたが、現代人に最も多い理由がこれです。

 

パソコンやスマホを長時間利用し、目を酷使しすぎていることが原因で目が疲れやすくなるんですね。

 

 

 

こういう人達の事を「VDT症候群」とも呼びます。

 

Wikipediaによると、VDT症候群には以下のような症状があるとされています。

 

目の症状 - ドライアイ、充血、視力低下、眼精疲労など。
体の症状 - 頸肩腕症候群(キーパンチャー病)。首、腰、肩のこり、だるさ、痛み、慢性化すると背中の痛み、手指のしびれなど。
心の症状 - 食欲減退、イライラ、不安感、抑うつ症状など。

 

VDT症候群 - Wikipedia

 

私は1日10時間以上パソコンを使っていますし、載っている症状も多く当てはまっていたので、
VDT症候群の1人であることは間違いないと思います。

 

 

 

 

 

またパソコンを使う環境も目の疲れやすさに関係しています。

 

パソコン・ソマホの明るさや部屋の明るさ、湿度などですね。

 

これについては以下の対策の項目で詳しく説明していきますね!

 

 

生活習慣が悪い場合

 

 

 

目も身体の一部ですから、生活環境の影響を受けます。

 

寝不足ぎみだと目が疲れやすい、っていうのは何となく想像できますよね。

 

その他、喫煙・飲酒や食生活なども関係してきます。

 

こちらも対策編で詳しく解説します。

 

 

 

 

 

当サイトでは、ここまで紹介した5つの原因のうち、

 

 

目の使いすぎ、目を使う環境が悪い場合

 

 

生活習慣が悪い場合

 

 

の2つの原因を取り扱っていこうと思います。

 

 

 

恐らく、当サイトに来られた方も、かなり高い確率でこの2つのどちらに当てはまるのではないでしょうか?

 

身体や心の病気が疑われる場合は、目の疲れ以前にまずその根本の病気を治すことを考えましょう。

目を根本的に疲れにくくするには?

では、根本的に目を疲れにくくするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

 

まずすぐに思いつく方法として、「スマホ・パソコンの利用を減らす」という方法が考えられます。

 

しかし、私のように仕事でパソコンを使わざるを得ない場合、なかなか減らすのは難しいのが現実でしょう。

 

仕事でそんなに使わない人でも、ついついスマホでゲームをしてしまう…って人も多いでしょうしね。

 

 

 

利用頻度を減らせる人は減らすに越したことはないですが、今回はこの案はナシとして別の対策を探ってみます。

 

ここでは私が実際にやってみたことを書いてみたいと思います。

 

パソコンの明るさやブルーライトを調整する

 

 

パソコンのディスプレイやスマホのディスプレイは、初期設定だと目にとって眩しすぎることがあります。

 

目が眩しいと感じるということは、それだけ負担になっているということ。

 

 

 

そこで「見えやすく、目に負担にならない明るさ」になるよう、自分でディスプレイの明るさを調整してみましょう。

 

設定方法はネットで調べればいくらでも出てきますので割愛させていただきます。

 

 

 

明るさの目安としては、PC画面の白表示(googleなどのサイトの背景色)が、
実物の紙の白さと同じくらいになるようにするのが良いとされています。

 

印刷用紙やノートを持っていれば、それを参考に画面と紙を並べて調整してみてください。

 

 

 

 

 

また、最近良く言われるようになった「ブルーライト」についても一緒に調整してしまいましょう。

 

「ブルーライト」と言うと、なんだか特殊な光のような印象を受けますが、これは単に青い光のこと

 

青い光は他の色の光よりも網膜に負担を与えやすいと言われ、眼精疲労の原因になると言われているんですね。

 

 

 

ですが、これもカラーバランスで青を弱めに設定してあげれば、それだけでブルーライトをカットできちゃいます。

 

パソコンの場合は、明るさの調整と同じ設定画面で赤・緑・青の3色のバランスが調整できるようになっていますので、
そこで青の数値を弱めにすればOKです。

 

スマホの場合はブルーライトをカットできるアプリが沢山ありますので、それを利用するといいですね。

 

 

 

青を弱めにすることで、画面全体がやや黄色っぽくなりますが、
普通に使う分にはそれほど問題になりませんし、違和感も使っているうちにすぐに無くなると思います。

 

 

 

デザイナーさんなど「実際の色が分からないといけない」仕事をされている場合は、
ブルーライト軽減する眼鏡などで代用するといいかもしれませんね。

 

(ブルーライト眼鏡はパソコンで青色カットの設定をしておけば必要ありません。)

 

 

 

ちなみに、パソコンやスマホの表示で一番目に優しいのは白黒と言われています。

 

ですからこのサイトも地味な黒白のテンプレートを使っているんですね(笑)

 

良く使うソフトやアプリ(ワードやエクセルなど)で背景色の設定ができる場合、
背景は黒や白を選ぶと比較的疲れにくいと思います。

 

 

 

部屋の照明を見直す

 

 

 

パソコンやスマホの明るさ・ブルーライトの設定をして満足する人が多いですが、
実はそれらを使う部屋の照明も眼精疲労には重要な要素です。

 

 

 

基本的にパソコン・スマホの光より暗い場所は、眼精疲労になりやすいと言われています。

 

パソコン・スマホを使っている部屋が薄暗かったり、光がちらついたりしている場合は、
蛍光灯を交換してみると良いかもしれませんね。

 

 

 

当然ですが、寝る前に部屋を暗くしてスマホをいじるなんてのも目には良くないですよ。

 

ついつい眠れなくてスマホをいじっちゃう、なんて経験はありませんか?

 

 

 

また、ディスプレイに光が反射することがありますが、これも眼精疲労の一因となります。

 

もしディスプレイが光を反射しやすいのであれば、照明の位置を調整したり、ディスプレイに
「ノングレアのフィルム(光の反射を防ぐフィルム)」を貼ったりして対策しましょう。

 

 

 

乾燥対策を行う

 

 

眼精疲労が一番酷くなる季節は冬だという人が多いのではないでしょうか?

 

その理由は乾燥です。

 

 

 

目の水分が不足している状態を「ドライアイ」と言いますが、ドライアイの症状自体
が眼精疲労とかぶる点も多く、どちらにしても放っておくと目に良くありません。

 

 

 

ドライアイ対策としては目薬(点眼薬)が有名ですが、酷い時は差した直後から
カピカピに乾燥することもありますので、まずは部屋の湿度を上げておく方が良いですね。

 

冷暖房をかけっぱなしの部屋などは特に乾燥しやすいため、加湿器などで対策しましょう。

 

 

 

 

 

ここまでは目を使う環境についての対策をお伝えしました。

 

この他に眼鏡やコンタクトをつけている方は、それが合っているかどうかをチェックすることも重要なようです。

 

(私は裸眼なのでやってませんが。)

 

さて、ここからは続けて生活習慣の対策をご紹介します。

 

睡眠不足を解消する

 

 

目と睡眠は密接な関係があり、睡眠には目の疲労回復効果があることが分かっています。

 

睡眠が足りていない場合、目の疲労による眼筋の凝りが解消されず、
ずっと目の痛みが出やすい状態が継続してしまうんですね。

 

ですから、睡眠をしっかり取ることが目の痛みを出にくくすることに繋がります。

 

 

 

睡眠は寝る時間の量以上に「質」が重要です!

 

しっかりと身体を休めることができるように、以下の点に注意しましょう。

 

 

 

寝る1時間前はパソコンやスマホなどを見ない

 

寝るギリギリまでパソコンやスマホなどをしていると、脳が興奮状態のままとなり、
なかなか寝付けない状態になることがあります。

 

パソコンやスマホは寝る1時間前には切り上げ、寝る前はリラックスできる環境を作りましょう。

 

 

 

寝る2時間前までには食事を済ませる

 

ご飯を食べると自分では意識しませんが、胃が活発に動いて、
食べ物を消化することに大忙しの状態です。

 

そんな時に寝ると身体全体を休めることができませんよね。

 

心も体も落ち着いた状態で眠りに入るようにしましょう。

 

 

 

朝太陽の光を浴びる

 

人間は起きて最初に浴びた光から寝る時間を計算するようにできており、
朝太陽の光を浴びることが規則正しい生活へと繋がります。

 

いつの間にかどんどん寝る時間が遅くなるという人は、朝起きて散歩するなど
朝日を浴びる習慣を取り入れてみるといいかもしれませんね。

 

 

喫煙・飲酒を控える

 

 

タバコやお酒の過剰摂取は血液の循環を悪くする原因となり、
その結果、目も血行不良で眼精疲労になりやすくなります。

 

綺麗な血が目に届かないってことは、目に必要な酸素や栄養が届かないってことです。

 

 

 

お酒なんかは一見、全然関係なさそうにも思えますが、巡りめぐって目にも影響が出てしまうんですね〜。

 

目の疲れを無くすためには、タバコは禁煙、お酒は翌日に残らない適量に留めるようにしてください。

 

そして、お酒を飲んだ後は、なるべくパソコンやスマホを使わないようにしましょう。

 

 

食事による栄養補給

 

 

 

目も身体の一部ですから、当然食べる物によってコンディションが変わってきます。

 

 

 

目に良いものと言えば真っ先にブルーベリーが思い浮かびますが、
実はブルーベリーの効果については科学的な根拠がまだないそうです。

 

疲労回復効果はあるので、「目の疲れを癒す」という効果は期待できるそうですが、
目が良くなったりすることは残念ながらまだ実証されていません。

 

 

 

これには私もちょっと驚きました。

 

でもご安心を!ちゃんと目に良い食べ物も分かっています。

 

 

 

 

 

それは、ほうれんそうやブロッコリーに含まれる「ルテイン」という成分です。

 

 

 

あまり聞き馴染みのない成分だと思いますが、ルテインは網膜や水晶体をダメージから守る
というのが、実際に臨床実験により明らかとなっているんですよ。

 

つまり、目の疲れに悩んでいる人には、ぴったりの食べ物なんです!

 

 

 

しかし、ルテインにも1つだけ問題があります。

 

それはルテインが摂取できる野菜のバリエーションが少ないということ。

 

 

 

ルテインは最も多く含まれるほうれんそう100gに10.2mg程度ありますが、
次に多いブロッコリーでは100gに1.9mgと一気に少なくなります。

 

ルテインの1日の目安摂取量は10〜20mgとされていますが、この量を摂取するには
ほうれんそうを毎日食べまくるしか方法がないんです。

 

(ブロッコリーを毎日1kgずつ食べるのは流石に現実的じゃないですよね…。)

 

 

 

そこで私はルテインを野菜だけでは摂れないと判断し、ルテインのサプリメントを飲んでみることにしたのです。

私が効果テキメンだったサプリメントとは?

 

 

 

ぶっちゃけてしまうと、実はこのサプリメント摂取が一番効果テキメンでした!

 

 

 

個人差はあると思いますが、サプリメントを飲み始めて以来、私は目の疲れに悩まされることは全く無くなったんです!

 

 

 

人はもともと体内にルテインを持っていますが、新しく生み出すことはできません。

 

そのため、食事などで摂取しないと加齢と共に徐々に減少していく成分なんですね。

 

ルテインは目の黄斑部という部分に存在していますが、これが減少すると目を刺激から守れなくなり、
目がぼんやりしたり、疲れやすくなると言われています。

 

 

 

そして、パソコンやスマホを沢山使う人は一般の人よりもルテインの減少が大きいと言われているんです。

 

あなたの目が疲れやすいのもひょっとしたらルテイン不足によるものかもしれません。

 

少なくとも私の場合、劇的に改善されたということはルテイン不足だったということでしょうね。

 

 

 

 

では、私が効果のあったサプリメントを紹介しますね。

 

 

 

それがファンケルの「えんきん」という商品です!

 

 



 

 

このサプリメントは他の怪しげなサプリと大きく違う点があります。

 

それは国に「特定の保険の目的が期待できる成分が含まれている」と認められている「機能性表示食品」だということ。

 

 

 

つまり、国が目の健康増進に効果があると認めている、ということです。

 

 

 

実際、ルテイン配合のサプリメントを眼科医から薦められることもあるようです。

 

 

 

 

 

紹介したファンケル「えんきん」以外にもルテインが配合されている機能性表示食品はありますが、私がこの商品を選んだのには理由があります。

 

 

「ファンケル」という大きい製薬会社が作っているということ

機能性表示食品はトクホと違い、国の責任ではなく、事業者の責任において機能性を表示しています。

 

信用できない事業者が「責任を持つ」って言ってもあんまり信用できないですよね?

 

確かに入っている成分は同じかもしれませんが、製造過程や衛生管理に問題がある可能性もゼロではありません。

 

だから大手のネームバリューが大事だと思ったのです。

 

 

 

最初の約1カ月分が780円という試しやすい価格だったこと

目のサプリメントは他のサプリメントに比べると全体的に安めではありますが、中には1か月分で2,000円以上するものもあります。

 

この「えんきん」は初回1カ月分で780円なんです。

 

いくら効果の高いサプリでも値段が高いと続けるのが難しいのも事実ですが、その点「えんきん」はかなり続けやすいサプリと言えます。

 

※3ヶ月目以降は値上がりしてしまいますが、それでも2,160円(定期便の場合1,944円)と他のサプリに比べ続けやすい値段で購入できます。

 

 

 

ちなみに「えんきん」のルテイン配合量は1日10mg

 

私はこれでも充分効きましたが、ルテインは1日20mgまでが目安とされています。

 

「もう少し摂取量が多い方が安心」という場合には、テレビショッピングなどで有名なやわたの「めばえ」というサプリを選ぶのもいいかもしれません。

 

「めばえ」も機能性表示食品に指定されており、1日分で20mgのルテインを摂取することができます。

 

こちらは定期便にすると1カ月分でずっと1,642円。

 

「えんきん」と比べると初回は割高ですが、継続するならかなり安く購入できますね。

 

⇒ 「めばえ」の公式通販サイトはこちら

 

 

 

多少出費はかかりますが、個人的にこれで毎日「今日は目が痛くなったり、頭痛くなったりしないかな…」と怯えることがなくなるのなら、安いものだと思います。

 

 

 

 

 

目の疲れに日々悩まされているなら、試してみる価値があると思いますよ。

 

 

 

⇒ ファンケル「えんきん」公式サイトはこちら

 

目の疲れに悩んでいる方へ

 

 

 

ここまで様々な対策を書いてきましたがいかがだったでしょうか?

 

人によっては読んで終わりという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

しかし、眼精疲労は放っておくと悪化します。

 

だんだんと目の疲れる間隔が短くなったり、症状が酷くなっていったりするのです。

 

 

 

眼精疲労がきっかけで気分が落ち込んだり、めまいがするというような怖い症状も起こります。

 

そうなると、仕事どころか毎日が苦痛になってしまいます。

 

そうなる前にできるだけ早い時期に何らかの手を打つことを考えてみてください。

 

 

 

私自身、目の疲れによる痛みが出なくなって、随分と明るく、テンションが上がりやすくなりました。

 

やっぱり気分って大事なもので、仕事の効率も上がりますし、結果にも繋がりやすくなるものです。

 

あなたも一刻も早く、眼精疲労の苦しみから解き放たれてください!

 

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事が少しでもあなたの目の辛さを和らげるきっかけになればと思います。

 

 

 

 

 

関連サイト:ドライアイの治し方!